DESIGN INFO

2020.12.25

裏垢のJK

 とんでもなく恥ずかしい思いをすることになりました。
性欲ギラギラの大学生だけど、非モテなんです。
モテないんです。
彼女が出来ないんです。
女友達すら出来ない始末。
こんな俺だから、不満は強烈でした。
正直、オマンコが欲しくてしょうがなかったんです。
オッパイ触りたかったんです。
乳首をしゃぶりたかったんです。
アナルセックスだってやりたい。
様々な妄想を抱えていました。

俺がTwitterの中で見つけたのが、裏垢のJK。
おかずにもなるし、若くてピチピチだし、美味しい存在なのは確実です。
ふと思ったことが、裏垢のJKなら、オフパコとか楽勝じゃない?
相手もエロい。
今の言葉で言えば、肉食女子。
だから、裏垢のJKと仲良くなれたら、セックスやり放題になるかもしれない。
ギラギラ性欲を沈静化出来るかもしれない。
そう考えてしまいました。
居ても立っても居られない気持ちから、裏垢のJKに声をかけまくって行きました。

基本、スルーされるかブロックされるか。
この繰り返しでした。
しかし、ギラギラな性欲は諦める気持ちを持ちませんでした。
エロい女の子がいるはず。
すぐセックス出来る女の子がいるはず。
セキュリティの甘い女の子がいるはず。
そんな思いから、ひたすら声をかけることに没頭したのです。
JKとの割り切り

その時が、やってきました。
初回だけ支払い有りの2回目からはタダマン。
しかも今スグに、会うことが可能と言うのです。
飛び上がり会う約束をしてしまいました。
日頃非モテな俺を馬鹿にしている友人たちに、これを高らかに宣言したのです。
すると言われてしまいました。
「それ、援デリだぜ」
「へっ?」
「へじゃねぇよ、裏垢のJKは援デリだから」
「何それ?」
「風俗業者」
待ち合わせには、全く違った女が来るし、デブスのオバンだと言われました。

待ち合わせ場所から離れた所に待機。
実際に、やってきたのは友達たちが言っていた通りでした。
その後、また友達たちの話題の中心になってしまいました。
シングルマザーのパパ活
貢いでもらう

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

CONTACT

TEL:00-0000-0000
営業時間 00:00 - 00:00 定休日:日曜日